建設業許可の業種は29種類

建設業許可の業種は29の区分に分けられています。そのうち、一式工事が2業種、専門業種が27業種あります。建設業許可を取得する場合は業種ごとに許可を申請します。

2業種
一式工事土木一式工事
建築一式工事
27業種
専門業種大工工事鉄筋工事熱絶縁工事
左官工事舗装工事電気通信工事
とび・土工・コンクリート工事しゅんせつ工事造園工事
石工事板金工事さく井工事
屋根工事ガラス工事建具工事
電気工事塗装工事水道施設工事
管工事防水工事消防施設工事
タイル・れんが・ブロック工事内装仕上工事清掃施設工事
鋼構造物工事機械器具設置工事解体工事
土木一式工事と建設一式工事

一式工事とは、原則として元請業者が請け負った工事であり、総合的な企画や指導、調整等のマネージメントを行う大規模な工事複雑な工事のことです。工事の規模などからみて、個別の専門工事として施工することが困難な工事です。一式工事は大規模かつ複雑で複数の専門工事を組み合わせて施工する建設工事と言えます。
一式工事には土木一式工事と建築一式工事があります。例えばダム、空港、トンネルなどが土木一式工事に当てはまります。ショッピングモール新築などが建築一式工事に当たります。

一式工事で、とび・土工・コンクリート業の500万円以上の工事はできる?

注意しなければならないことは、一式工事の許可は万能ではありません。一式工事の許可があれば、すべての業種の工事ができるわけではなく、一式工事の許可だけでは500万円以上専門工事を単独で請け負うことはできません。専門業種の工事を請け負うには、その専門業種の許可が必要になります。例えば、土木一式工事の許可を持っていても、とび・土工・コンクリート工事の500万以上の工事を請け負うことはできません。この場合は、土木一式工事の許可に加えて、とび・土工・コンクリート工事の建設業許可が必要になります。

また、一式工事を受注し、その中で専門業種の工事を施工することはできますが、その時は以下の2点のいずれかを満たさなければなりません。

 1.専門工事についての主任技術者の資格を持っている者を現場に配置する。

 2.その専門業種について建設業許可を持っている業者に下請けさせる。 

神戸建設業許可申請代行.comでは建設業許可申請のサポートをしています。

お気軽にお問い合わせ下さい。

CONTACT

ご相談・ご質問を365日24時間無料で受付中、お気軽にお問い合わせください。
メールでお問い合せの際は、下記項目を記入し【確認画面へ】ボタンを押して下さい。お手数ですがお問い合せ業種名とお問い合せ内容もご記入ください。

お名前【必須】

メールアドレス【必須】

電話番号【必須】
- -

お問い合わせ業種【必須】 *業種名をご記入下さい

お問い合わせ内容【必須】

内容をご確認の上、よろしければ上記【確認画面へ】ボタンをクリックして下さい。確認画面に移動します。
お問い合わせ後2営業日以内にご連絡させていただいておりますが、内容によってはお時間がかかることがあります。あらかじめご了承下さい。